メインコンテンツ

Facilitating hour (高学年生との相談会)

Facilitating hour(ファシリティティング・アワー/FH)とは、クラスメートや高学年ファシリテーターとの対話を通じて「思いつきを科学に成長させる場」として令和3年度から実施しています。

低学年生6~7名とファシリテーター2名を1グループとして、課題のオリジナリティや期限内での達成可能性、計画の具体性などを相談し評価してもらうことで、探究活動に必要な「新たな視点」を得ることができます。

例年、SPD(学生相互活動報告会)という形で不特定・大人数での進捗報告会を実施していましたが、FHは毎回ほぼ同じメンバー構成で実施するため、お互いの活動状況を理解しやすく、探究計画も具体的に立てやすくなります。また、つまづきや不安を感じても、ファシリテーターの心強いサポートにより探究活動の質を高め、視野を広げて課題に取り組むことができるのです。

今年度のFHは春・夏学期に2回、秋・冬学期にも複数回予定されており、学生はディスカッションを重ねながら探究内容を深めていきます。

令和4年度 ファシリテイティングアワー(FH)スケジュール
春・夏学期 日時 1学年
第1回 5月18日(水)
第2回 7月6日(水)
2学年
第1回 5月11日(水)
第2回 6月29日(水)
3学年
第1回 4月27日(水)
第2回 6月22日(水)
会場 50周年記念ホール、記念会館などの特別教室、またはホームルーム
内容 FHシートに記入した課題内容について発表し、進捗状況を共有する。
先行研究や探究計画についての相談や、課題のオリジナリティなどをファシリテーターや学生間で評価する。
詳細はこちら
秋・冬学期 日時

1学年
第1回 11月2日(金)
第2回 12月14日(水)※変更の可能性あり                                      第3回 1月11日(水)

2学年                                                       第1回 10月26日(水)                                              第2回 11月16日(水)
3学年                                                       第1回 10月19日(水)                                              第2回 11月9日(水)
会場 50周年記念ホール、記念会館などの特別教室、またはホームルーム
内容 探究課題の解決に向けて、今後の活動の進め方や実験方法などを情報共有し、進捗状況を確認する。不安やつまづきを一人で完結させることがないようファシリテーターを含めたグループ全体でフォローする。
詳細はこちら
facilitating-hour画像
facilitating-hour画像
facilitating-hour画像