メインコンテンツ

SPD(学生相互活動報告会)

SPD(StudentPeerDiscussion)とは、自主探究DAYでも実施されている学生相互の活動進捗報告会です。本校ではこういったディスカッションの機会を重要視しています。

学生は事前に用意したスライドを用いて1分間のプレゼンテーションを行った後、発表への質疑応答と他の学生や教員からのアドバイスを受けることができます。これまでの活動の中で、学年やクラスを超えての大人数のSPDや、クラスごとのSPDなど様々な形態で実施してきましたが、SPDを行うことで学生は探究活動を一人で完結させることなく、視野を広げ、新たな視点から自分の活動に取り組むことが出来るようになります。

また、SPDで記入するコメントシートには発表に対する意見が詳細に書き込まれたものが多く、お互いの活動への関心の高さも表しています。

SPDは定期的に繰り返し行われ、学生は1分間という僅かな時間の中で自らの探究内容をわかりやすく整理して発表できるように試行錯誤しながら、プレゼンテーション能力の向上を図ります。

令和元年度 SPD(学生相互活動報告会)スケジュール
イベント名 日時 会場 内容
計画発表会 10月4日(金) 各教室
(1学年のみ合併教室もしくは記念ホール)
秋学期の活動計画についての1分間プレゼンテーション
(1年生は2クラス合同で実施する)
中間発表会 10月29日(火)~31日(木) 体育館 本番と同じ会場を使用して、探究テーマ・探究方法・探究計画の進捗など、ポスター発表を模擬的に行う
10/29(火):3学年
10/30(水):2学年
10/31(木):1学年

また、上記の日程以外にも希望者によるSPDを実施予定です。学年・クラスに関係なく集まってお互いの探究内容を聴講することで、新しい気づきがあるかもしれません。自らの探究を客観的に捉えるための貴重なチャンスとして、学生の積極的な参加が期待されます。