メインコンテンツ

授業料免除(入学料免除)

4年生以上

本校に在学する者であって、次の各号の一に該当する事情により、納付が著しく困難であると認められた場合、本人の申請に基づき、選考のうえ授業料を免除(全額又は半額)する制度があります。

  1. 経済的理由により授業料の納付が困難であり、かつ、学業・人物共に優秀な者と認められる場合
  2. 各期授業料の納期前6月以内において、当該学生の学資を主として負担している者が死亡し、又は学生若しくは学資負担者が風水等の災害を受けた場合
  3. 前号に準ずる場合であって、校長が相当と認める事由がある場合

※授業料免除は原則4年生以上の学生が対象となります。3年生以下の学生は高等学校等就学支援金制度により、授業料の全額又は一部が助成されます。

1〜3年生

次の各号の一に該当する事情により、納付が著しく困難と認められる場合、就学支援金が支給される者は授業料の残額相当額、36月の支給上限期間を超えたため就学支援金が支給されない者は授業料の全額又は半額を、本人の申請に基づき、選考のうえ授業料を免除する制度があります。

  1. 各期授業料の納期前6月以内(新入学者に対する入学した日の属する期分の免除に係る場合は、入学前1年以内)において、学資負担者が死亡し、又は学生若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けた場合
  2. 就学支援金が支給されない者で、経済的理由により納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合

本校に入学する者であって、次の各号の一に該当する特別な事情により、納付が著しく困難であると認められた場合、本人の申請に基づき、選考のうえ入学料を免除(全額又は半額)する制度があります。(倒産・リストラ等は該当しません。)

  1. 入学前1年以内において、本校に入学する者の学資を主として負担している者が死亡し、又は本校に入学する者若しくは学資負担者が風水等の災害を受けた場合
  2. 前号に準ずる場合であって、校長が相当と認める事由がある場合

また、次の各号の一に該当する事情により、納付期限までに入学料を納付することが困難であると認められた場合、本人の申請に基づき入学料の徴収を一定期間猶予する制度があります。

  1. 経済的理由によって納付期限までに納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合
  2. 入学前1年以内において、本校に入学する者の学資を主として負担している者が死亡し、又は本校に入学する者若しくは学資負担者が風水等の災害を受けた場合
  3. その他やむを得ない事情があると認められる場合

八戸工業高等専門学校 学生課 学生係
TEL 0178-27-7235 FAX 0178-27-9487
E-mail gakusei-o

※E-mailのあとに「@hachinohe-ct.ac.jp」を付けてください。