メインコンテンツ

カテゴリ:電気情報工学コース

佐藤 健 Sato Ken [博士(工学)]

電気情報工学コース 准教授

専門分野

  • 情報工学Information Science
  • 環境電磁工学Electromagnetic Compatibility

写真

写真:佐藤 健

研究課題

  • 自由走査式による空間電磁界分布の可視化に関する研究
    A Freehand Scanning method for measuring spatial distributions of EMF
  • ICNIRPガイドラインの適合性評価
  • 可搬性を考慮した電磁界分布測定法

研究シーズ

近年、携帯電話やスマートフォンの急激な普及,オール電化住宅やスマートシティの発展により,電磁界の生体への影響についての関心が非常に高まっています。これらの機器や環境から発せられる電磁界により小児がんや脳腫瘍などの悪影響を論じる一方で、医療の分野では積極的に電磁波を利用して診療や治療に活用するといった技術的な進歩も見られます。私たちが電磁界に対して不安を抱く理由は,電磁界が眼に見えないこと,そして影響の程度が良く分からないことなどです。そこで簡易的な方法により電磁界を可視化したり,影響の度合いをガイドラインと照らし合わせたりすることで,不安を軽減させる研究を行っています。

画像の解説

身の回りの電磁界分布測定
空間的な分布の測定
測定法に関する規格
測定器に関する規格

相対強度の可視化
電球式蛍光灯
IH調理器(低周波磁界)

ICNIRPガイドラインの適合性評価
可搬型電磁界分布測定システム構成

研究のキーワード

生体電磁環境,可視化,ICNIRPガイドライン,電磁環境計測

このシーズに関するお問い合わせ

このシーズに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせフォームへ 


シーズ・機器から探す

▼カテゴリ別一覧

キーワードがわからないかたや一覧が見たいかたは、以下のボタンを押すとカテゴリ別の一覧が表示されます。

  • 機械システムデザインコース
  • 電気情報工学コース
  • マテリアル・バイオ工学コース
  • 環境都市・建築デザインコース
  • 総合学科学教育科
  • 空間構造デザイン
  • ロボティクス
  • 機能創成材料
  • エネルギー
  • ナノテクノロジー
  • 環境・バイオテクノロジー
  • 数理情報
  • 産業教育