メインコンテンツ

カテゴリ:環境都市・建築デザインコース

清原 雄康 Kiyohara Yukoh [博士(工学)]

環境都市・建築デザインコース 准教授

専門分野

  • 地盤工学Geotechnical Engineering

写真

写真:清原 雄康

研究課題

  • 地震時・降雨時の火山灰質土からなる地盤の力学的挙動
    Volcanic soil strength behavior under earthquake and heavy rainfall.
    [ Keywords: permeability, triaxial test, consolidation, shear strength, liquefaction, field test, finite element method. ]
  • 薬液注入による地盤改良,液状化対策
    Chemical grouting. [ Keywords: ground improvement, sandy soil, liquefaction proof. ]
  • 地中の熱伝導,地中熱の有効利用
    Heat transfer and the effective use. [ Keywords: heat transfer, thermal conductivity. ]

研究シーズ

北東北には火山灰質土,軟弱粘性土などが多く存在し,地震時,降雨時の斜面や擁壁の崩壊,地盤挙動など,地盤工学上の諸問題を解決するための研究を行っている。

○火山灰質地盤の降雨時浸透挙動,不飽和強度
降雨等による土中水分量の変化や,それに伴う地盤の強度,斜面安定性に及ぼす影響を把握。

○火山灰質砂の液状化強度
繰返し三軸試験による地震時液状化判定,変形特性の決定(写真1)(図1)。
土・水連成有限要素解析コードLIQCAによる地震時液状化挙動の再現。対策工の検討。

画像の解説

写真1 繰返し三軸試験装置
図1 繰返し軸差応力による過剰間隙水圧比の変化例

事例

  • 八戸地域火山灰質土の有効利用に関する研究

研究のキーワード

不飽和地盤,火山灰質土,液状化,集中豪雨,斜面崩壊

このシーズに関するお問い合わせ

このシーズに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせフォームへ 


シーズ・機器から探す

▼カテゴリ別一覧

キーワードがわからないかたや一覧が見たいかたは、以下のボタンを押すとカテゴリ別の一覧が表示されます。

  • 機械システムデザインコース
  • 電気情報工学コース
  • マテリアル・バイオ工学コース
  • 環境都市・建築デザインコース
  • 総合学科学教育科
  • 空間構造デザイン
  • ロボティクス
  • 機能創成材料
  • エネルギー
  • ナノテクノロジー
  • 環境・バイオテクノロジー
  • 数理情報
  • 産業教育