メインコンテンツ

カテゴリ:電気情報工学コース

佐々木 修平 Sasaki shuhei [博士(工学)]

電気情報工学コース 助教

専門分野

  • 超電導工学Superconducting engineering

写真

写真:佐々木 修平

研究課題

  • 高温超電導バルク体を用いた磁気浮上型免震装置の開発
    Development of the magnetic levitation type seismic isolation device using the high-temperature superconducting bulk

研究シーズ

本研究では、高温超電導バルク体の磁束のピン留め効果(磁気特性)を利用した応用システムの開発に着手している。

①磁気浮上式免震装置
 永久磁石と超電導バルク体を用いて免震対象物を磁気浮上させ、基礎と免震対象物との物理的繋がりを絶縁する、これまでの免震装置とは全く異なる浮上式の免震装置の有用性について検討している。

②磁気浮上型電力充放電装置
 超電導バルク体特有の磁気浮上回転技術を用いて、自然エネルギーの変動電力に対して電力補償(充放電)を行い、電力の安定供給(エネルギーの地産地消)を目指している。

画像の解説

図1 磁気浮上式免震装置(プロトタイプ)
浮いてる 揺れない

図2 磁気浮上型電力充放電装置
浮きながら回転

研究のキーワード

超電導バルク体,磁気浮上,免震,自然エネルギー,電力補償

このシーズに関するお問い合わせ

このシーズに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせフォームへ 


シーズ・機器から探す

▼カテゴリ別一覧

キーワードがわからないかたや一覧が見たいかたは、以下のボタンを押すとカテゴリ別の一覧が表示されます。

  • 機械システムデザインコース
  • 電気情報工学コース
  • マテリアル・バイオ工学コース
  • 環境都市・建築デザインコース
  • 総合学科学教育科
  • 空間構造デザイン
  • ロボティクス
  • 機能創成材料
  • エネルギー
  • ナノテクノロジー
  • 環境・バイオテクノロジー
  • 数理情報
  • 産業教育