メインコンテンツ

カテゴリ:環境都市・建築デザインコース

矢口 淳一 Yaguchi Junichi [工学博士]

環境都市・建築デザインコース 教授

専門分野

  • 水処理工学Wastewater Treatment
  • 水環境工学Water Environment Eng.

写真

写真:矢口 淳一

研究課題

  • 生理的活性のある指標細菌の計測
    Enumeration of viable Escherichia coli
  • 活性汚泥モデルによる廃水処理プロセスの解析
    Application of Activated Sludge Model to N, P removal Process
  • 有機性廃棄物の有効利用
    Utilization of Organic Waste
  • 消毒技術の再評価
    Estimation of Disinfection in Urban Water System

研究シーズ

画像の解説

細菌計測法の問題点
自然界の細菌の状況
VBNC状態(Viable but non-culturable;生きているけど培養できない)
問題点
・長期の培養期間が必要
・VBNC状態の大腸菌は計測できない。
VBNC状態を含む生存可能な細菌検出法の開発
培養法(選択培地)
PCR法
問題点
細菌死滅後もDNAが保持されるため、生存可能な菌と死菌の区別ができない

PMA-PCR法によるVBNC状態の細菌計測法開発
PMA試薬
ハロゲン光照射
PMA試薬とDNAが結合
PCR反応
多数の大腸菌がVBNC状態で存在していることを実証

真に生理的活性のある細菌群を計測可能

事例

  • 生物排水処理施設の機能診断
  • 木材チップ生ゴミ融合コンポストに関する研究

研究のキーワード

指標細菌,VBNC,DNA,大腸菌,PCR,排水処理,浄水

このシーズに関するお問い合わせ

このシーズに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせフォームへ 


シーズ・機器から探す

▼カテゴリ別一覧

キーワードがわからないかたや一覧が見たいかたは、以下のボタンを押すとカテゴリ別の一覧が表示されます。

  • 機械システムデザインコース
  • 電気情報工学コース
  • マテリアル・バイオ工学コース
  • 環境都市・建築デザインコース
  • 総合学科学教育科
  • 空間構造デザイン
  • ロボティクス
  • 機能創成材料
  • エネルギー
  • ナノテクノロジー
  • 環境・バイオテクノロジー
  • 数理情報
  • 産業教育