熊本大学と東京大学との研究交流会を行いました

平成29年6月15日に、東京大学大島研究室および熊本大学佐々木研究室との研究交流会を東京大学新領域創成科学研究科にて行いました。

始めに大島研究室の実験室を見学させていただき、超臨界水の研究を行う実験室を秋月先生より説明していただき、流通式や回分式装置、分析設備などを見学しました。続いて、実験室の安全の研究に関する「実験室」を見学させていただき、大島先生の説明を聞かせていただきました

見学終了後に研究交流会として、大島研究室で行われている研究テーマの講演、熊本大学での研究、八戸高専での研究内容の紹介があり、学生・教員を交えた活発な議論が行われました。

研究交流会終了後はそのまま交流会を行い、学生同士の交流も活発に行われ、昨年度に卒業した高橋さん(H28AC卒)も参加して、活発な交流が行われました。

研究室の概要・研究紹介
本間 哲雄
高圧熱水中での脱水・レトロアルドール反応の反応性
岡村 実沙(C5)
高温高圧水中でのN-置換スクシンイミドの合成と定量分析
里村 紗彩(C5)
超臨界流体堆積法による固体触媒の創製
久保 遥名(C5)