sample

Honma Group

NEWS


新着情報



科研費 基盤研究Cに採択されました

1st April 2019

趙臨界流体中での晶析・反応過程を模擬するシミュレーションに関する研究で、科学研究費補助金 基盤研究(C)に採択されました。

2019年度が始まりました

April 2019

2019年度が始まりました。今年は教員1名、専攻科1年生1名、5年生3名でスタートします。

2019年度が始まりました

April 2019

2019年度が始まりました。今年は教員1名、専攻科1年生1名、5年生3名でスタートします。

4名の学生が研究室を巣立ちました

19th March 2019

3月19日に卒業式が行われ、本科5年の小島 悠聖くん、鈴木 雄くん、中村 圭吾くん、村田 翼くんが卒業しました。卒業生は東京農工大学、東京大学、八戸高専専攻科へ進学します。彼らの今後の活躍を期待し、再会を楽しみにしています。

化学工学会学生発表会にて亜臨界水中での溶媒劣化物分解に関する研究成果を発表

2nd, March 2019

5年の小島悠聖くんが、3月2日に開催された化学工学会第21回学生発表会(東日本大会)が東京理科大学 葛飾キャンパス(東京)にて、"高温高圧水を用いた再処理工程から生じた溶媒劣化物の分解処理"の題目で口頭発表を行いました。

MSMS'18 にてアミノ酸の環化反応に関するシミュレーションの研究成果を発表

4-7, September 2018

9月4日から7日にかけて、「8th International Symposium on Molecular Thermodynamics and Molecular Simulation (MTMS 2018)」が日本大学生産工学部(習志野)にて開催され、"The role of water on alanine condensation in high temperature water: a DFT and Monte Carlo study"の題目でポスター発表を行いました。

第16回超臨界流体ミニワークショップにて学生が発表

25-27 July 2018

7月25日から7月27日にかけて、「第16回超臨界流体ミニワークショップ」が猪苗代にて開催され、次の4件のポスター発表を行いました。

  • 高温高圧水中でのリン酸ジブチルの分解 (C5 小島 悠聖)
  • ギ酸を経由した水素製造触媒の計算化学的検討 (C5 鈴木 雄)
  • 量子化学計算によるアミノ酸伸長反応の解析 (C5 中村 圭吾)
  • 超臨界二酸化炭素抽出を用いた納豆からのビタミンK2の抽出 (C5 村田 翼)
ワークショップでは発表だけでなく、他大学の高温高圧流体を扱う研究室の大学生、大学院生と交流を行い、親交を深めました。

本科4年生の研究室に配属

June 2018

2018年度の4年生研究室配属が決まり、中岫 綾さん、水上 拓哉くん、山本 光くんの3名が加わりました。

2018年度が始まりました

April 2018

2018年度が始まりました。今年は教員1名、5年生4名でスタートします。

5名の学生が研究室を巣立ちました

22th March 2018

3月22日に卒業式が行われ、本科5年の夘城怜さん、岡村実沙さん、里村紗彩さん、久保遥名さんが卒業し、専攻科2年の東麗緒菜さんが修了しました。卒業生は朝日インテック、日東電工、日本色材工業研究所、和光純薬工業へ就職し、北海道大学大学院環境科学院へ進学します。彼女らの活躍を期待し、再会を楽しみにしています。

熊本大学にて研究成果を発表しました

5-6 March 2018

3月5日から6日にかけて、「平成29年度IPPS共同研究成果報告会」が熊本大学黒髪キャンパス(熊本市中央区)にて開催され、「高温高圧水中でのアミノ酸の環化・二量化に対する溶媒効果」と題して、口頭発表を行いました。また、3月6日には国際ワークショップ「The 1st International Workshop on the Research and Development of Unique Reaction/Separation Techniques in Kumamoto」が同会場にて開催され、「Role of Water on Cyclization and Ring-opening Reaction of Alanine Dimer from Ambient to Supercritical Water」と「Rapid Synthesis of N-Substituted Succinimide in High-Temperature and High-Pressure of Water」の2件の発表を行いました。

第15回超臨界流体ミニワークショップにて発表

31th August - 2nd September 2018

8月31日から9月2日にかけて、「第16回超臨界流体ミニワークショップ」が松島少年自然の家(宮城県東松島市)にて開催され、次の5件のポスター発表を行いました。

  • ニューラルネットワークを用いた生成物予測モデルの開発 (AC2 東 麗緒菜)
  • アミノ酸からの環状ペプチド合成の検討 (C5 夘城 怜)
  • 高圧熱水中での脱水・レトロアルドール反応の反応性 (C5 岡村 実沙)
  • 高温高圧水中でのN-置換スクシンイミドの合成 (C5 里村 紗彩)
  • 超臨界流体堆積法による固体触媒の創製 (C5 久保 遥名)

ワークショップでは発表だけでなく、他大学の高温高圧流体を扱う研究室の大学生、大学院生と交流を行い、親交を深めました。また、塩釜市のケーエスコーポレーション橋本蒲鉾店本社工場にて工場見学を行いました。

APCChE 2017にて発表

23th-27th August 2017

8月23日から27日にかけて、「The 17th Congress of the Asian-Pacific Confederation of Chemical Engineering (APCChE 2017)」(第17回 アジア太平洋化学工学国際会議)が香港会議中心(香港)にて開催され、"Rapid synthesis of N-substituted succinimide in high temperature and high pressure water"の題目でポスター発表を行いました。

ISASWR 2017にて発表

8th-11th August 2017

8月8日から11日にかけて、「The 5th international symposium & Exhibition on "Aqua Science and Water Resources (ISASWR 2017」(第5回 水科学と水資源に関する国際会議)が福岡大学(福岡市)にて開催され、"Role of Water on Cyclization and Ring-opening Reaction of Alanine Dimer from Ambient to Supercritical Water"の題目でポスター発表を行いました。

超臨界流体部会サマースクールにて講演

3rd-4th August 2017

8月3日から4日にかけて、第16回化学工学会超臨界流体部会サマースクールが千葉県野田市のクリヤビューゴルフ&ホテルにて開催され、「分子シミュレーションを用いた超臨界水中での水素結合と化学反応」の題目で講演を行いました。

本科4年生の研究室配属が決まり、4名が加わりました

23th June 2017

6月23日に今年度の研究室配属が決まり、小島 悠聖くん、鈴木 雄くん、中村 圭吾くん、村田 翼くんの4名が加わりました。

熊本大学・東京大学との研究交流会を実施

15th June 2017

6月15日に熊本大学と東京大学との研究交流会を東京大学新領域創成科学研究科(千葉県柏市)にて行い、岡村実沙さん(C5)、里村紗彩さん(C5)、久保遥名さん(C5)が発表を行いました。また、卒業生の髙橋さん(現 東京大学大島研)に合うことができました。

卒業式が行われ、5名の学生が旅立ちました

16th March 2017

3月16日に卒業式が行われ、本科5年の今千尋さん、鳴海和希さん、鳴海龍二くんが卒業し、専攻科2年の高橋侑佳さん、早川尚輝くんが修了しました。卒業生はTANAKAホールディングス、東洋インキSCホールディングスへ就職し、八戸高専専攻科、宇都宮大学大学院工学研究科に、東京大学大学院新領域創成科学研究科に進学します。今後の活躍を期待します。

化学工学会年会にて発表しました

6th-8th March 2017

3月6日から8日まで芝浦工業大学にて、化学工学会第82年会が行われ、次の2件の発表を行いました。

  • 高温高圧水中でのN-置換スクシンイミドの合成(AC2高橋侑佳)
  • 熱水環境下におけるアラニン二量体環化反応に対する水和構造の影響(本間哲雄)

八戸高専の紀要に論文が掲載されました

6th March 2017

"超臨界乾燥法による酸化チタンエアロゲルの製造"が八戸高専の紀要に掲載されました。

研究室配属が決まり、11名の研究室になりました

22th July 2016

本科4年生の研究室配属が決まり、研究室は11名の研究室になりました。(2016.7.22)

Laura CHAさんがフランスへ帰国しました

27th July 2016

France Lille A IUTから来校していたLaura CHAさんが短期留学を終え、フランスに帰国しました。

八戸高専 長谷川章教授との共著論文がCERAMICS JAPAN誌に掲載

1st May 2016

八戸高専 長谷川章教授との共著論文"高機能性光触媒材料の探索 光触媒フィルターおよび酸化チタンエアロゲルの開発"がCERAMICS JAPAN誌に掲載されました。

Laura CHAさんがFranceから短期留学に来ました

3rd April 2016

France Lille A IUTからLaura CHAさんが短期留学に来ました。

教員室の引っ越しを行いました

1st April 2016

教員室が専攻科棟に移動しました。教員室は専攻科棟2Fの精密測定室、実験室も専攻科棟2Fの化学工学実験室(旧 素材開発実験室/専攻実験室)です。

卒業

16th March 2016

3月16日に卒業式が行われ、専攻科2年の奈良光展くんが修了し、本科5年の相野幸輝くん、赤坂尚洋くん、奥村奈央子さん、本多靖彦くんが卒業しました。卒業生は産業公害・医学研究所 八戸分室、JX日鉱日石エネルギー中央技術研究所、大日精化工業に就職し、東北大学大学院工学研究科化学工学専攻と長岡技術科学大学に進学します。今後の活躍を期待します。

化学工学年会で研究発表を行いました

13th-16th March 2016

3月13日から15日に化学工学会第81年会が関西大学にて行われ、次の2件の発表を行いました。

  • 高温高圧水中でのスクシンイミドの合成(AC1高橋侑佳)
  • 酸化チタンエアロゲルの光触媒活性における角柱状酸化チタン添加の影響(AC2奈良光展)

Honma Group
Material and Biological Engineering Course
Department of Industrial System Engineering
National Institute of Technology, Hachinohe College
16-1 Uwanotai, Tamonoki-Aza, Hachinohe, 039-1192, JAPAN